日本こままわし協会について

☆設立への思い
☆日本こままわし協会について

設立への思い

 この度、「こままわし」の普及がいっそう加速し、全国の子どもたちや指導者に、多くの情報を提供するため、2002年9月に「日本こままわし協会」のネットワークを発足させました。ホームページや会報を使って情報を発信しています。会員数も年々増えてきています。
 伝承遊びの普及に興味のある方や団体の会員を募集しています。

 会の趣旨や入会の方法、内容等下記に簡単に記しました。
 内容的に少し変わることがあるかもしれませんが、皆さんの意見をもとに会を作っていきたいと思っているので、ぜひご意見を聞かせてください。

 皆さんと共に知恵を出し合って、よりよい会を作っていきたいと思っています。
 日本が誇ります伝統の「こままわし」が廃れることなく、盛んになりますよう力を貸してください。

日本こままわし協会 会長 藤田由仁


▲ページの先頭へ戻る。
日本こままわし協会について

●本部事務局について
 本部事務局を日本独楽博物館内に置き、「こままわし」に関する活動を推進します。
 本部事務局の仕事は、以下のような、協会の運営、こままわしに関する活動への協力、および活動の支援です。

  ・会員の募集と情報提供
  ・支部の設立および設立支援
  ・HPの管理、更新
  ・会員証、会報(こままわし通信)の発行
  ・大会/記録会の開催
  ・指導者講習会の開催
  ・各地への指導者の派遣
  ・級位・段位認定試験の開催
 など

●運営費について
 原則として運営資金は会費、寄付、広告等の行為でまかないます。

●会員について
 会員は、団体、個人、国籍、年齢、性別を問いません。こままわしを普及したいと思っている人なら誰でも入会できます。
 会員の種類は正会員・団体会員・家族会員があります。年会費は正会員・団体会員は1000円。家族会員は1500円をお願いしています。日本こままわし普及協会は主に会費、寄付等で運営しております。当協会が長く続いていけますように、ご支援をよろしくお願いします。
 会員の仕事は、一年に一人以上は「こままわしを教えること」です。

●正会員になると…
  ・正会員はお一人のみの入会が条件です。個人会員とも呼びます。
  ・会員の方の特典として、「こま」のことや各地、各団体の情報が得られ、大会やネット上の記録会に参加できます。詳しくは以下のとおりです。

  ・こままわし大会に参加しなくても、インターネットを通じて、協会内でのこまに関する記録を申請できます。また、こままわしギネスの申請ができます。(手のせ何分、ひものせ何分、など)
  ・認定指導員に技の指導が受けられます。
  ・こままわしに関する大会の情報を、本部および会の仲間のHPで知らせることができます。
  ・メールアドレスを登録すると、こままわし大会の情報や協会からのお知らせを受け取れます。
  ・投げごまの段位認定試験(2段以降)を受ける事ができます。
  ・正会員の方には年間1000円の会費をお願いしています。正会員の方には会員証・会報(年5回)を発行します。継続の際にはこちらからご案内を差し上げます。 詳しくは以下の通りです。

  ・郵送による会報(こままわし通信)の配信を年5回受けることができます。
  ・正会員ご本人様に会員証が発行されます。   ・3年以上の正会員登録で、日本こままわし普及協会の支部を作ることができます。
  ・3年以上の正会員登録で、指導者資格認定試験を受ける事ができます。18歳以上の会員に限ります。
  ・有効期限は1年です。

●家族会員になると…
     ・家族会員はご家族全員が入会対象になります。1人1人会員番号がもらえます。ただし同住所の方に限ります。
  ・会員の方の特典として、「こま」のことや各地、各団体の情報が得られ、大会やネット上の記録会に参加できます。詳しくは以下のとおりです。

  ・こままわし大会に参加しなくても、インターネットを通じて、協会内でのこまに関する記録を申請できます。また、こままわしギネスの申請ができます。(手のせ何分、ひものせ何分、など)
  ・ご家族全員が認定指導員に技の指導が受けられます。
  ・ご家族全員がこままわしに関する大会の情報を、本部および会の仲間のHPで知らせることができます。
  ・メールアドレスを登録すると、こままわし大会の情報や協会からのお知らせを受け取れます。
  ・ご家族全員が投げごまの段位認定試験(2段以降)を受ける事ができます。
  ・家族会員の方には年間1500円の会費をお願いしています。家族会員の方には会員証(家族全員分)・会報(年5回)を発行します。詳しくは以下の通りです。

  ・郵送による会報(こままわし通信)の配信を年5回受けることができます。1家族につき1通。継続の際にはこちらからご案内を差し上げます。
  ・家族全員に会員証が発行されます。ただし、同一の住所の方に限ります。
  ・3年以上の賛助会員登録で、日本こままわし普及協会の支部を作ることができます。
  ・3年以上の賛助会員登録で、指導者資格認定試験を受ける事ができます。18歳以上の会員に限ります。
  ・有効期限は1年です。

●団体会員になると…
  ・団体所属の証明書が必要になります。代表者1名を選出し登録してください。
  ・会員の方の特典として、「こま」のことや各地、各団体の情報が得られ、大会やネット上の記録会に参加できます。詳しくは以下のとおりです。

  ・こままわし大会に参加しなくても、インターネットを通じて、協会内でのこまに関する記録を申請できます。また、こままわしギネスの申請ができます。(手のせ何分、ひものせ何分、など)
  ・認定指導員に技の指導が受けられます。
  ・こままわしに関する大会の情報を、本部および会の仲間のHPで知らせることができます。
  ・メールアドレスを登録すると、こままわし大会の情報や協会からのお知らせを受け取れます。
  ・団体会員の方には年間1000円の会費をお願いしています。団体会員の方には会員証・会報(年5回)を発行します。詳しくは以下の通りです。

  ・郵送による会報の配信(こままわし通信)を年5回受けることができます。継続の際にはこちらからご案内を差し上げます。
  ・団体会員の方は、団体名で会員証が発行されます。
  ・団体の代表者とその団体に所属する全ての子どもたち(中学生以下)が、段位認定試験(2段以降)を受ける事ができます。
  ・有効期限は1年です。


▲ページの先頭へ戻る。